So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

E231系3000代 [鉄道(JR東日本)]

山手線にE235系を投入し、山手線で使用していたE231系500代が総武緩行線に転属し、総武緩行線のE231系が追い出されました。玉突きで余剰となったE231系を改良し、3000番代を名乗り川越車両センターに転属されました。

道路側に停車しているE231系3000番台。ちょっと植木で見づらいですが。

川越側先頭車両はクハE230-3002。後ろに前の番号がうっすらと残っています。前の番号はクハE230-6を名乗っていたようです。

床下機器については特に真新しくないので、そのままなのでしょう。変わったとすれば川越線・八高線用と同じカラーリングにされているのと、ドア横に開閉ボタンが付いたくらいでしょうか。

妻部。25-8東京総合車・・・。その左側は見づらいのですが29-12と今月検査を受けたばかりのようです。
宮ハエの文字は川越車両センター所属の証。定員は変わっていないようです。

先頭車両には「42」の札が掲げられています。

こちらはクハE231-3002。前の車番が残っています。起票位置は若干ずらしているようです。字体も違う??
では「41」はというと・・・。

別の場所に止まっていました。車番は確認できませんでしたが、3001なのでしょうか。今のところE231系3000代はこの2編成のみ。今後205系3000代を置き換えることになるのでしょう。

※全て公道より撮影


にほんブログ村

 


タグ:E231系3000代
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント