So-net無料ブログ作成

アプトの道が来月末熊ノ平まで延伸予定 [鉄道(廃線跡)]

かつて横川~軽井沢間には最急勾配66.6パーミルの信越本線が走っていました。アプト式の電気機関車により碓氷峠を越えていましたが新型機関車EF63や62の登場により役目を失い一部は新線にルート変更されました。その新線も新幹線により廃線。
廃線跡を利用して現在は横川駅から碓氷第三橋梁(めがね橋)まで遊歩道として整備されましたが、H24年3月末日には熊ノ平駅まで延伸されるようです。

現時点の碓氷第6トンネル。入口から5mくらいまでは中に入れます。

トンネル奥の壁には完成予定の張り紙が。
現在はここまでしか行けないので旧国道18号線沿いに車を走らせてみました。

旧碓氷第6トンネル。旧線時代は一番長いトンネルで2箇所の横坑が設けられています。そのうちの一つ。安全対策で柵が設けられていますが何か見栄えが悪いですね。

碓氷第5橋梁。左側が軽井沢方面です。斜面に階段らしきものが造られており、完成すればここから国道に出られるようです。

碓氷第6橋梁は碓氷第3橋梁(めがね橋)に次いで2番目に長い橋梁です。転落防止のためこちらも欄干に柵が設けられています。ちょっと見づらいでしょうか?

熊ノ平へも国道から階段が設けられるようです。めがね橋から2.6Km。国道は曲がりくねっているので旧線だともっと短いかも。

付近には駐車場が設けられるようで造成工事が行われていました。・・・来月までに間に合わないのでは??
ここから碓氷峠までは7kmとなっています。横川駅からだいたい半分程度なので戻るより先に(軽井沢方面)進んだ方が良いのか迷うところ。
完成したらまた来たいと思います。ちなみにこの先碓氷第13橋梁付近より先は道路がアイスバーン状態となっている箇所が多いので、スリップに注意しましょう。
タグ:碓氷峠
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0