So-net無料ブログ作成

京急1000形引退(1) [鉄道(京急)]

京急の初代1000形が6/28に引退します。登場したのは1959年(昭和34年)12月。初代の編成はいませんが、2010年(平成22年)6月までの活躍ですから、半世紀活躍したことになります。

ちなみに"初代"というのは今現在増備が続いている車両も同じ1000形を名乗るからです。

イベント列車が走る前日(26日)ですが、金沢文庫の検車区に該当の編成が検修庫の中に入れられていました。



運転台の真下には"検査中"の札が掲げられていました。



反対側に回ってみます。こちらは行き先方向幕を回していました。今時点ではwing号を表示。その下には"通勤快特"のヘッドマークが付けられています。

部分拡大。



同じ構内には真新しい新1000形(1137F)が停まっていました。現在は10次車で、ご覧のようなステンレス製になったのは2007年度に投入された6次車からです。この編成、6月21日に向かいの東急車輌で製造されたようです。

この日は1000形の出番は無いようでしたので、このままこの日は引き上げました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0