So-net無料ブログ作成

西武40000系お披露目会

3月12日西武40000系がデビューする前に西武球場前にてお披露目会が行われました。この新型車両を使用した臨時列車が池袋と西武球場前を走りました。

撮るなら滅多に通らないと思われる池袋-練馬を狙い撮影に臨みました。ゆっくりとした速度で40101Fが通過していきます。
その後西武球場前へと移動します。

11時前に西武球場前に到着。向かいの4番線と5番線それぞれ40000系が停車していま..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その21)[終]

3年半かけて紹介してきた保谷駅の改良工事ですが、今回が最後の報告となります。

保谷駅先端。ひばりが丘方面。左側に2000系が停車しています。最後まで工事を行っていた引上線は完成したようですね。右側の20000系と隣の3000系はパンタグラフが下ろされていましたので今日は出場はなさそうです。右の20152Fいつの間にか池袋線に戻ってきたのですね。

下り線側には店舗ができるようで現在建築中。上のデッキから..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その20)

ダイヤ改正が6/30に行われ、それによりどう変化したのかも兼ねて見に行ってみました。



保谷止まりは基本2番線に到着後は回送となり、電留線に引き上げるということは変わっていません。丁度23番から出発する20000系20151Fが見えました。



下りホーム側に建物を建築する工事が行われています。

それと画像はありませんが、2番線から発着する電車は日中は当駅止まりのみとなっていて、発車案内板..
nakka

西武鉄道100 年アニバーサリーイベントin 保谷

昨日5/13ですが、西武鉄道100年アニバーサリーイベントとして旧保谷車両基地においてイベントが開催されました。



当ブログ・保谷駅改良工事でおなじみの旧車両基地。以前あった検修庫は取り壊されていて、今はご覧の通り広い空き地となっています。隣は引上線として利用されていますが、今後この空き地をどう利用するのでしょう。2000年3月に武蔵丘車両基地が開設されその用途を失い、今は電留線となっています。



線路側..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その19)

引上線の位置が変わっていました。

保谷駅の所沢寄り先端ホームから撮影。丁度20000系が引上線に向かって回送されて行きました。改良された新引上線にいます。
ちなみにこれまですぐさま引上線に進入して上り列車がそのたび抑止されていたのですが、今では上り列車が優先されていました。

ひばりヶ丘方面。従来使用していた引上線(右側2線)はレールが撤去されていました。

..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その18)

丁度保谷止まりの電車が到着してきたので観察してみました。

DSCF1569.jpg

2番線に到着した保谷止まりの下り電車は回送として一旦引上線へと向かいます。このとき上り線を跨ぐので、上り電車はこの間進入することができません。奥にNRAの10000系が停まっています。2番線に到着変更されたことにより下り線は抑止されることはなくなりましたが、今度は上り線が抑止されるようになりました。

DSCF1571.jpg

2000系の進入が終わり、NRAの1..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その17)



2番線ですが不自然に左側に曲がっています。踏切手前にあった上り線へのポイントは撤去されました。シーサスクロッシングポイントは4箇所全て設置されました。



歩道橋から見ると不自然に曲がっている理由がわかります。こうしてみると上り本線から下り本線(手前)へ側に向かってまっすぐに伸びる構造です。踏切にも新たにレールが敷設されていて中央部には下り本線に向けてポイントが設置されています。片方は旧引上線へと繋がるようです。その旧引上..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その16)

引上線周りの進捗状況の紹介をします。



前回紹介した駅寄りにあったポイントは撤去され、その場所からやや池袋寄りに新たにシーサスポイントが設けられました。今のところ片渡りのみですが、中線ひばりヶ丘側から上り線へのポイントも設けられるところを見ると中線を引上線として使うのかも知れません。



踏切脇にあるポイントは積み上げられています。奥に伸びる引上線群と本線はまだつながっていません..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その15)

既に駅ホーム自体は完成していますので、今回からは引上線周りを紹介します。



保谷駅のひばりヶ丘側から撮影。中線から上り本線へ渡り線が2箇所設けられていますが、手前の渡り線が今まであった場所。前回紹介したときはシーサスポイントだったのですが、片渡り線に変更されさらにレールの錆具合からして使われていないようです。奥に片渡り線が設けられこちらの方が使われているようです。

新引上線ですが、架線が張られていない状態で前回見に来たときと変..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その14)

7/17の初電より2番線の使用が開始されるようになり、これで2面3線として機能するようになりました。



2番線側にも発車案内板が取り付けられましたが、まだ行先は書かれていない白紙の状態です。

乗り場の案内ですが、3ドアと4ドアがそれぞれ書かれていますが、3ドアについては8両編成分しかありません。

電光案内板も設置されましたが、2番線側は当駅止まりが続きます。2番線から発車する電車は全て保谷始発で、平日については上りは7~9時までの電車(7:14(渋谷行),27,42,57,8:12,..

nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その13)

2番線ホームが完成していました。



1番線ホームの工事が終わり、2番線側の柵が撤去されたことによりホームが広くなりました。なお2番線の乗り場案内等の看板はまだですが、次第に設置されるものと思われます。



跨線橋から大泉学園側を撮影。

上りホームからひばりヶ丘方面を撮影。あとは架線を張るといった電気工事だけとなりました。

20000系が停車しているところが今の引上線です。木製の車止めで行き来することは出来ませんが、全体的にレールの敷設は終わっていました。


踏切から旧検修庫方面を撮影。新引上線..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その12)

下りホーム大泉学園側ですが、外側のブロックが全て設置されました。点字ブロックとアスファルト部に段差があるため緑のマットで養生されています。

跨線橋から大泉学園側を撮影。中線の線路は敷設されています。ホームには資材が積まれています。



今度は上りホームからひばりヶ丘側を撮影。左側が2番線。レールは全て敷設・枕木との締結済みで、バラストが撒かれならされています。

下りホームですが、2番線側先端部にもアスファルトが敷かれ完成していました。ご覧の通り柵も外されています。今のところ完成している..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その11)

まず、大泉学園側ですが、下り線にもポイントが挿入されこれで中線からそれぞれ下り上り繋がりました。



中線のレールはこの付近だけで、他はまだ敷設は行われていません。

下りホームですが、大泉学園側2両分だけはまだホーム外側のブロックがまだ設置されていません。コンクリート板の上にベニヤ板のようなもので覆っているような感じでした。徐々に行われていくのでしょう。

跨線橋から大泉学園側を撮影。中線はおよそ2両分だけコンクリート製の枕木が設置されているくらいです。作業車が通るための鉄板が全体的に撤..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その10)

前回の調査から1ヶ月ですが、少しだけ変化がありましたので紹介します。

まずは、池袋寄りの踏切ですが、上り線にポイントが付けられていましたが、更に中線にもポイントが設置されています。



踏切のアスファルトの色が右奥(下り線)と中央(中線延長上)とでは違っています。

角度を変えて下りホームから撮影。作業員が詰めかけていましたので、近々設置されるのではと思います。



ホーム寄りには新たなポイントが置かれています。中線向けではなく、下り本線側に敷設するものかなと思います。四方に小型のウインチが取..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その9)

9/18より下りホームが2両分ひばりヶ丘側に移動されました。



移設により大泉学園側の使われなくなったホームは撤去が行われています。かろうじて先端部だけが残っているだけの状態でした。

こちらはひばりヶ丘側ホーム。ホーム屋根も取り付けられました。緑色の柵から外側は現在ホーム構築中。

コンコースより大泉学園側を撮影。

今度は上りホームから。前回紹介した時の跨線橋ですが、予想通り乗務員の連絡通路として稼働していました。



旧上りホーム現在は、コンコース付近までホーム改築工事が行われ、真新しいコン..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その8)

保谷駅の大泉学園側ですが、上り線にポイントが取り付けられました。



このポイントですが、中線へと続くレールと合流するのではと思います。その中線は旧上り線を改良。

下りホームについてですが、ひばりヶ丘側に新たにホームが延伸されるようで、現在ホームを構築していました。乗務員詰所へはお客と同じくコンコースから回るよう張り紙が貼られていました。既に10両対応ですから将来的にはひばりヶ丘側にずれるのでしょう。

反対側上りホームから下りホームを撮影。上に見える跨線橋は乗務員用のものと思われます。..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その7)

メインのパソコンの調子が悪いので、しばらくの間画像がやや重く感じるかもしれません。

さて、新上りホームに切り替わりました。現在旧ホームは下り専用ホームとなっています。

DSCF0857.jpg

2階コンコース。新上りホームは左側。旧2番線は主に折り返しとして使われる予定で、改修工事のため現在は使用停止です。

下りホームは上り線側が使用停止になっていて柵が設けられ、ちょっと狭苦しく感じます。

DSCF0859.jpg

続いて新上りホームですが、前回もお伝えしたとおりややひばりヶ丘側にずれています。

DSCF0863.jpg

画像中央では上り側のホームが削られていま..

nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その6)

前回の紹介から2ヶ月。ほとんど進捗がありません。この駅を観察して1年経ちますが、見比べるとほとんど変化がないのです。理由はわかりませんが。



柵が無くなり、ホーム端にはなにやら木材が等間隔に並べられていました。何の工事かと思ったのですが、点字ブロック等の設置のようです。

点字ブロックとホーム端にある滑り止めは前回とあまり変わってません。


階段・エスカレータは完成しており、前回来たときは見えませんでしたが、今は工事が終わったのかご覧の通り。



ひばりヶ丘側はアスファルトが敷かれました。とい..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その5)

新上りホームですが、やや進展がありましたので報告します。

ホーム末端。柵が取り付けられました。後部にもそれらしきものが付けられています。

中央付近からひばりヶ丘方面に向けて点字ブロックが設置されていました。これから本格的なホーム工事が行われるものと思われます。



なぜか階段は塞がれていました。ホームは全て構築されていて、一部出来上がっていなかった箇所もホームが造られていました。



一部敷かれていなかったバラストが敷かれていました。また、柵の設置なのでしょうかホーム外側に白い柱が等間隔に設..
nakka

西武池袋線保谷駅良工事(その4)

新上りホーム自体は特に変わった点はありません。前回と違うところはレールが敷設されたということと、上り線との間の工事用柵が取り払われたくらいでしょうか。



新ホームに切り替わるのはまだ未定のようです。ホーム自体もあまり工事が進んでいるようには見えません。合流地点からひばりヶ丘方面に向かってレールは敷設されています。



ホームの先は車庫へと続いています。手前のポイントは現在使用中のようででレールが輝いていました。



駅構内を出てすぐの辺りから撮影。3000系がいる場所は今の上り線..
nakka

西武池袋線保谷駅良工事(その3)

雨の中出かけてみましたが、前回と変わったところは特にありませんでした。



ホームも以前と同じまま何の進展もありません。



跨線橋の真下付近は看板が取り付けられ、電飾も施されています。すでに稼働しているようです。背後の壁もできあがっているようですね。



しかしひばりヶ丘方のホームはまだ完成されていません。工事用の車の通り道のために残しているのでしょうか。



保谷で折り返す電車が多数設定されています。引上線は今も現役で使われていますが、奥にあった検修庫は解体されてしまいました。今..
nakka

西武池袋線保谷駅良工事(その2)

保谷駅の改良工事ですが、跨線橋から池袋方面にかけては概ね出来上がっていました。ホームの先は住宅地となっているので、どうするのかと思っていたのですが、その手前がホーム先端となっています。



新ホームは現在のホームに並行して造っている訳ではなく、若干現ホームに近づいて造られています。



このままではぶつかってしまいますから、現行ホームも改良してひばりヶ丘方面に後退するのでしょう。



新ホームは屋根が完成していて、照明も設置されています。後はホーム上の仕上げと、駅名板や看板等の設置..
nakka

西武池袋線保谷駅改良工事(その1)

西武池袋線保谷駅は折返し電車が設定されている駅ですが、現在1面2線のホームとなっています。これを改良して2面3線の駅へと改良する工事が現在行われています。



すでに新しいホームは概ね姿を現してます。こちらは乗務員室の詰所へ向かう階段でしょうか。



駅コンコース。自動販売機が置かれている先で新ホームと繋がるようです。



元々電留線としてあった場所ですので、用地的にはそれほど問題はないようです。しかし池袋方面はすぐに住宅地が建っているので、若干ひばりヶ丘側に移動するかも知れません..
nakka