So-net無料ブログ作成
鉄道(富士急行) ブログトップ

富士急行の旅 [鉄道(富士急行)]

189系の撮影がてら富士急行を利用することにしました。実は富士急行に乗ること自体今回が初めてです。まずはお得な切符として今期間限定販売の「吉田のうどんきっぷ」というのに興味を引きました。
2日間乗り降り自由で特急利用ならば自由席ならOK。さらにうどん引換券が付いており、指定したお店の指定したメニューならば引換券で食べることができるというすごいお得な切符です。
1月6日から4月1日までの販売で、大人2,700円。子供1,700円。
ご参考に大月-河口湖間の往復運賃は2,280円。なので特急を使わないと元が取れません。
通年販売の「富士急特急フリーきっぷ」は同じく特急自由席にも乗車できる2日間有効のフリーきっぷですが、こちらは大人2,600円。子供1,300円です。

まずは「富士山ビュー特急」8500系に乗車します。元JR東海の371系を改造したもので2016年に登場。3両編成中河口湖側先頭車両が指定席です。

側面の行き先指示器があった場所は塞がれ、固定式のタイプに変わっています。

車内はこんな感じです。トイレも自販機もないので、駅で済ませておきましょう。水戸岡氏デザインでやはり木をふんだんに使用しています。
かなり空席ばかりかと思いきや、発車10分ほど前になると外国人観光客がどっと押し寄せ、おそらく7~8割はそうではないかというほどです。結局座りきれず通路にまで人がという状況でした。通常であれば車内改札を行うようですが、混雑のため省略とのこと。

客室扉の上にある案内表示板には停車駅が流れますが、各駅の標高まで表示してくれます。
大月を出て上大月を通過、トンネルを抜けます。富士急行で唯一のトンネル区間です。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
鉄道(富士急行) ブログトップ