So-net無料ブログ作成
鉄道(乗り鉄) ブログトップ
前の10件 | -

常磐線復旧区間に乗車(その2) [鉄道(乗り鉄)]

福島第一原発の事故の影響で長い間常磐線が不通になっています。10月21日より竜田―富岡間が復旧しましたので乗車してきました。また2017年4月1日に浪江-小高間が復旧しましたので、合わせての乗車です。

いわきに停車中の651系。いわき-富岡間では2往復この651系4両編成が使用されています。

行先表示。651系の普通列車としての使用は今年の7月22日からです。およそ6年ぶりにいわき以北に651系が定期運行されました。

車内。向かい合わせにはなっていますが、座席は回転することが可能で、座席を倒すこともできます。特急と違うのは枕カバーがないくらいでしょうか。

この区間の特徴(?)ではありませんが、並行して廃線・廃トンネルが多いと言うことですね。電車は各駅ごとに降りていく人が多く、広野を出るとほぼガラガラです。

竜田に到着。竜田まで運転されていたときは奥の3番線のみでしたが、今は下り列車が1番線を使用するようになり、跨線橋の機能が復活しました。

海側にそびえる福島第二原発の煙突。

除染した土でしょうか。至る所で見かけます。

こちらは仮設焼却所。

富岡駅前に見えるしろい建物は仮設破砕選別所。
富岡町は避難指示解除準備区域と居住制限区域の設定が今年4月1日に解除され、(町全体では一部帰宅困難区域あり)竜田-富岡間に代行バスが新たに設定され、さらに竜田-原ノ町の代行バスも富岡に停車するようになりました。復旧作業の進捗により10月21日から竜田-富岡間が復旧しました。

続きを読む


タグ:常磐線
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東武特急リバティ乗車 [鉄道(乗り鉄)]

デビューして間もない特急リバティに乗車してみました。今回乗車したのは「リバティけごん23号」で、時間の都合で栃木まで。

浅草駅5番線ホーム。快速・区間快速の乗り場でしたが、閉鎖されています。

「リバティけごん22号」の折り返し作業のため、すぐには乗車できません。特急用ホームなので特急券がないとホームに入ることができず、手前で撮影される人多数。清掃作業員に加えて技術系(?)の人も待機。

新たに設けられたリバティ用の乗り場案内。

行先表示。

ちなみにこの「リバティけごん23号」は3両編成。先頭1号車はカーブにかかるため渡り板が設置されています。
3両編成は短いと思えばこの30分前にはスペーシアけごん21号が出た後なのでそれほど乗車してきません。ダイヤ改正前は13時発の設定はなく、区間快速の格上げのようです。

2号車トイレの前には大きな窓。

バリアフリー対応のトイレで広いです。

車内はこんな感じです。

座席番号はJRと同じく番号+英字体系になっています。

各座席にはコンセントがついています。ちょっと体格の大きい人はケーブル等があたって使いづらいかも。またドリンクホルダーが設けられ、前の座席後方とひじ掛けにはテーブルがります。なお足掛けは廃止されました。車内販売はないので事前に飲み物・食べ物は購入する必要があります。

続きを読む


タグ:東武500系

東武日光線快速に乗車する [鉄道(乗り鉄)]

木曜日の話になるのですが、ダイヤ改正で快速電車が無くなる前に乗り納めしようと、浅草から下今市まで快速電車を利用してみました。

電光掲示板に表示される「快速」表示。この快速自体朝の下り4本しかありません。あとは区間快速。

浅草駅5番線ホームは快速専用ホーム。平日朝でも観光客が多くいます。・・・大半は外国人観光客のようです。私のような乗り鉄はあまりいません。

駅ホームにはお手製のポスターが貼られていました。

ダイヤ改正後、6050系は南栗橋以北で残るのでしょうけど、300系は引退です。

下今市で切り離され行先が別々になることから乗車位置も東武日光行きは青。鬼怒川温泉方面は緑色で色分けされています。

9時前に東武日光・新藤原からの区間快速が入線。清掃員と駅員が渡し板を持っていますが、駅の構造上、電車とホームが広く開いているためです。
この後素早く車内清掃が行われ、浅草を定刻に出発します。まだボックス席に余裕があるかな程度。

車内にもある行先指示器。

隅田川を渡ります。

東京スカイツリーを間近に見て。
北千住では大勢乗り込んできます。やはり観光客と思われる人が大半。ご年輩が目立ちます。立ち客も出てきます。

続きを読む


タグ:東武6050系

東武特急スカイツリートレインに乗車する [鉄道(乗り鉄)]

デビューしてだいぶ経ちますが、スカイツリートレインの大宮~とうきょうスカイツリー間を乗車しました。
このスカイツリートレイン4号は土曜日のみ運行される臨時列車。アーバンパークラインを走る唯一の特急列車です。ちなみにこの列車、自動券売機での販売はなく、駅に行って駅係員のいる窓口で購入する必要があります。大宮から浅草・とうきょうスカイツリーまでの特急料金は510円。

12時10分過ぎに回送で大宮にやってきました。

号車番号のサボ受けが有効に使われています。634型の前身6050系でもそう使われたことは無いと思います。6000系時代に座席指定として快速急行というのがありましたが。

634型は2両固定を2本繋ぎ合わせた4両編成。2両単独でも走れるのですが、少なくとも私は見たこと無いです。

発車3分前になりようやく行先が表示されました。出入口は1・3号車のみで、それ以外はドアは開きません。入口付近に係員が立っており、特急券を見せて乗車します。

続きを読む


東武ファンフェスタ2016(臨時列車編) [鉄道(乗り鉄)]

今年も参加しました。今回は特別列車に乗車します。何回か参加していますがこういった列車に乗車するのは今回が初です。
川越から臨時列車に乗車するべく朝6時に起床。朝食抜き、身支度して家を出ます。

和光市で快速急行に乗車します。朝日が眩しい・・・。

7時30分から受け付けを行うため、長蛇の列は駅の外にまで延びます。受付を済まして参加証となるシールと席が指定された案内状を貰います。

8時過ぎにホームに入場。電車到着後は速やかに乗車を促されます。

参加者が乗車するとドアを閉めます。出発の8:20まで時間はあるのですが、いろいろと問題があるのでしょう。

席に着きまずは記念品が一人ずつ配られます。左からC11 3Dフィギュア。記念乗車券。会場のプログラム・ティッシュボックス・オリジナルエコバッグ。ティッシュボックスは参加すると貰える代物で、今年は300系。エコバッグは会場でも販売されていました。

続きを読む


常磐線不通区間に乗車(後編) [鉄道(乗り鉄)]

後編です。
小高から相馬まで電車区間です。原ノ町―相馬間は被害が少なかったせいか、早くに復旧しました。線路は繋がっていないので陸路で運ばれてきたのでしょう。ただ車体は窓ガラス始め汚れが目立ちます。

隣駅駒ヶ嶺はテープで隠されています。相馬-浜吉田間は東日本大震災で発生した津波の影響で一部駅舎・線路が流失し、このうち新地-浜吉田間は別線経由で復旧工事が行われています。今年中完成見込みで、仙台-小高まで線路が繋がります。

駒ヶ嶺方面を撮影。下り線だけ赤信号が機能しています。といってもその先で車止めが設置されていますが。

駅前から代行バスに乗車します。トイレは付いていません。電車との乗り継ぎは亘理駅のみ行っています。浜吉田での乗り継ぎは出来ないようです。

続きを読む


常磐線不通区間に乗車(前編) [鉄道(乗り鉄)]

東日本大震災の影響で常磐線は現在竜田-小高間と、相馬-浜吉田間が不通となっています。この区間は代行バスが走っています。この不通となっている区間を含めいわき-仙台間を乗車してみました。

昨日常磐線を利用していわきまでやってきました。今日はここからスタート。

駅の案内板には原ノ町・仙台の文字は無く、竜田方面と表記されています。

竜田行き普通電車が到着。ここで暫く停車。

竜田行きの文字。

E531系は常磐線の竜田から上野東京ライン品川までと、水戸線と運用範囲が広いです。ドア上にある東京や千葉にある家電量販店「ビックカメラ」の広告が遠く離れたいわきや竜田でも見られるのはなんとなく不思議な感じです。停車駅案内は竜田から品川まで掲載。(震災以前は相馬まで表示されていたと思います。)
後続の普通電車と特急電車との接続をとり、次第に車内に人が増えてきます。しかし草野と四ツ倉で半分ほどが降りていき、車内はガラガラです。

久ノ浜付近では太平洋沿いに走ります。

二つの煙突は広野火力発電所。

続きを読む


大阪しなの号乗車 [鉄道(乗り鉄)]

中央西線・篠ノ井線を走る特急「しなの」は1往復だけ大阪発着となっていますが、この列車は今度のダイヤ改正でほかの「しなの」と同じく名古屋発着に変更となってしまいます。大阪行きの「しなの」に乗車してみました。

長野駅・善光寺口。北陸新幹線の開業に合わせてリニューアルされました。

大阪行きの発車案内。名古屋経由と併記されています。

発車30分くらい前にホームへと降りたのですが、既に列車は到着していました。この日は基本6両に4両増結の10両編成です。どの車両もほとんどガラガラ。
IMGP3213.jpg
長野駅で見る大阪行きの文字ももう間もなく見納めです。
「しなの」は車内販売が乗車していないので飲み物などはあらかじめ駅で購入しておきます。一応4号車に自動販売機がついていますが。
さて長野を定刻で出発。篠ノ井で何人か乗車してきます。篠ノ井線に入り最初の稲荷山駅で行き違いのためか停車します。しかしなかなか出発しません。結局空待機で出発。

スイッチバック式の信号場で上り列車と交換。上り列車が遅れていたためこちらも遅れが発生。

次第に高度を上げていき眼下に街並みが見えてきます。山間では雪がちらほらと残っていました。

日本三大車窓の一つ姨捨付近を通過。
松本には7分ほど遅れて到着。ここで大勢乗車してきました。遅れを取り戻すようなスピードも虚しく、塩尻には遅れを引きずったまま到着。ここで乗務員がJR東海に交代します。

塩尻駅。

続きを読む


タグ:特急しなの

急行はまなす乗車 [鉄道(乗り鉄)]

3月のダイヤ改正で北海道新幹線が開業して、新幹線と併用する青函トンネルを走る在来線が廃止となります。急行「はまなす」もその1つで、定期急行列車として唯一の存在でした。全区間ではありませんが青森→函館間を利用してみました。函館に宿を取っていたので一旦チェックインして最終のスーパー白鳥で青森へ。そこで再び函館へ戻るというスケジュールです。

みどりの窓口で急行券を購入して、跨線橋を進むと既に案内が表示されています。40分弱停車するので撮影も余裕が出てきます。

既に十数人のファンが待機。これから徐々に増えていくのでしょう。

この日は寝台車「増21号車」を増結した9両編成。普通車自由席は後ろより2両の7・8号車。自由席を利用する列だけが伸びていました。各乗車位置目標に6~7人。

車両基地から牽引してきたDE10-1122号機。すぐに切り離し作業と客室ドアが開きます。
IMGP2504.jpg
機関車は海側へと進み入れ換え。

夜行列車で普通車自由席というのは多数見かけたのですが、今は全席指定というのが一般的になりました。14系はだいぶくたびれてきています。

5・6号車は座席指定車のドリームカー。やや座席がゆったりしているのと扉付近にミニロビーが設けられています。

続きを読む


三江線に乗車 [鉄道(乗り鉄)]

休みを利用してJR三江線に乗車してきました。三江線は広島県の三次(みよし)と島根県の江津を結ぶ全長108.1kmの超ローカル線です。3時間以上を費やす上、全区間乗り通す場合上下3本しかありません。

色々と検討した結果、前日に三次に泊まりました。三次駅は芸備線と福塩線が乗り入れてくるターミナル駅。広島へ向かう列車はほぼ1時間おきに運行していますが、そのほかの方面へは数える程度。駅舎がリニューアルされていました。

自由通路から新見方面を撮影。右奥には三江線のキハ120が停車。口羽行きで、14時過ぎまで待機。左は芸備線三次止まりの列車。管轄により色が異なります。

奥にはターンテーブルが残っています。もう使われることは無いのでしょう。

駅構内をはじめ、三江線のポスターをよく見ます。利用促進に繋がるかどうか。

しばらくして三江線の上り列車が到着。折り返し石見川本行きとなります。まだ時間があるせいか乗車人数は5人ほど。しかし発車時間が近づくにつれ多くのお客さんが乗り込んできます。乗り鉄というか地元の行楽客と思われるひとばかり。さらに広島からの芸備線からの乗換客で車内は立ち客まで。
三江線は近々廃止されるのではという話が出ていますが、その前に…といった人なのかも。

若い人はほとんどいません。

すぐに芸備線と別れます。

市街地を高架橋で進みます。すぐさま川を渡ります。馬洗川といって、この先江の川と名前が変わり日本海へと注ぎます。終点までこの川とほぼ一緒に走ります。
尾関山で団体客の一部が合流。普段は貸し切り状態とのこと。このまま「青春18きっぷ」シーズンとなるとかなりな混雑が予想されそうです。尾関山で市街地は途切れこの先は山の中へと入ります。速度は30km/h制限の区間が多く時間を要します。カーブがきつく見通しが悪いのも一因です。口羽で数人が下車。少しは立ち客が減ったかな程度。ここから浜原までは新しく造られた線区で少しスピードが上がります。ちなみに三江線が全通して今年でちょうど40年となったようです。
口羽から浜原までは1日4往復の列車と、1往復減ります。逃すと夕方まで列車は来ません。

高架橋に造られた宇津井駅。ここから島根県へと入っていきます。

続きを読む


タグ:三江線
前の10件 | - 鉄道(乗り鉄) ブログトップ