So-net無料ブログ作成
鉄道(JR東海) ブログトップ

引退迫るJR東海のキハ40 [鉄道(JR東海)]

2016年3月26日のダイヤ改正よりJR東海エリア内で活躍しているキハ40系列と、キハ11(300番代除く)が引退することになりました。この改正でJR東海内の車両は全てJRになってからの製造になります。211系の国鉄設計の車両は残りますが、JRに移行されてからの製造です。

亀山駅に停車中のキハ48。2両編成。折り返し鳥羽行きと参宮線への直通列車。既に高山本線・太多線からは撤退しており、最後の活躍の場となっているのが参宮線と紀勢本線です。

国鉄の銘板は無く、製造メーカの富士重工(宇都宮)と、JR東海の銘板のみ。昭和56年製造とはずいぶん最近と思ってしまうのですけど、35年経過しているのですよね…。

正面から。ワンマン改造されており、ドア付近にはドア開閉ボタンも付いています。

所属は「海イセ」伊勢車両区。を表します。

シートは国鉄時代と変わらず。JR東海の車両では白いビニール製の枕カバーが付いているのが特徴的。

続きを読む


タグ:キハ40

371系ラストラン [鉄道(JR東海)]

御殿場線開通80周年を記念して371系を使用した臨時列車がこの三連休と、11/29・30に急行「御殿場線80周年371」号として浜松-松田間に運転されます。そしてこの運転をもって371系が引退することが決定されました。
371系は小田急新宿-御殿場を走る「あさぎり」に使用していた小田急3000形(SE)に変わり、小田急新宿と沼津を結ぶ特急として小田急20000形(RSE)と同じく1991年にデビューし、沼津まで延長運転されましたが、2012年3月のダイヤ改正で小田急新宿-御殿場に再び短縮され、使用する車両は全て小田急60000形(MSE)に譲り営業運転から外れ、その後臨時列車として運転されていました。
前置きはここまでとして、御殿場線沿線で撮影することにします。朝早い時間帯なので前日入りでもしない限り御殿場方面は無理と判断し、松田付近で撮影することに決めました。

ということで、松田駅からやや離れた場所で撮影に臨みました。既に踏切周辺には4~5人ほど待機。邪魔にならぬようちょっと離れて撮影。ちょっと信号機器が被ってしまいますが、まあそこは割切ることにしました。

後追い。
その後松田折り返しを狙おうとしていたのですが、いっこうに現れない。鉄道ダイヤ情報では松田から御殿場へ回送される記載があるのに…。

松田にとどまっているようです。

「あさぎり3号」が通過していきます。これを撮影して松田に戻ります。戻ってみるとこの時間帯、極端に本数が少ない。電車がくるまで周囲で昼食をとり、国府津方面へと行ってみることにします。

続きを読む


タグ:JR東海

浜松工場新幹線なるほど発見デー2013 [鉄道(JR東海)]

浜松工場への見学は2010年以来3年ぶりとなります。東京から新幹線に乗車し浜松へと到着。ここからシャトルバスに乗るわけですが、乗車待ちの列が長く続いています。

正面が浜松駅。バス乗り場は奥の標識付近。

同地点から東京方面。奥にバスが見えますが、さらに交差点の遙か向こうまで列が出来ています。70分待ちとのこと。シャトルバスで無くても路線バスで工場近くまで行けるとのことで、一旦ロータリーまで戻ります。丁度伊場遺跡までの直通臨時バスが停車しており乗車します。料金は150円ですが、5分ほど待つだけで移動できるのですからこちらを選んで正解でした。

検修庫の中にはN700Aが編成をバラされ一両単位で停まっていました。今日は蒸し暑く至るところで扇風機や簡易クーラーが稼働していました。

N700のロゴに「A」も文字が描かれています。

NHKが取材に来ていました。

続きを読む


タグ:JR東海

浜松工場新幹線なるほど発見デー(後編) [鉄道(JR東海)]

通路には在来線の車両が置かれていました。全部紹介すると大変なので、その一部を紹介します。



まずは165系のグリーン車。サロ165-106。165系は既に全廃されていてグリーン車は急行「東海」が最後まで活躍していました。名カキと書かれているので「東海」で使用していた車両ではないようです。検査の日付が53-3浜松工となっているので、だいぶ前ですね。



EF58-157。通称”ゴハチ”と呼ばれる電気機関車です。パンタグラフが上がっているとなおよかったのですが。後ろにはラッセル車が展示されていました。

続いて再び反対側へと移動します。



丸っこい車体の車両は300X。今の300系新幹線の前身ともいえる車両です。1995年~2002年までの7年間、走行試験を行いあらゆるデータを採取しました。今活躍しているN700系はこの車両の走行試験からデータを集めて開発されています。1996年に電車方式では世界最高速度443.0Km/hを記録し、そのマークが側面に貼られています。

それがこれです。もう別タイプの300Xの先頭車両は米原の財団法人鉄道総合技術研究所風洞技術センターに展示されています。



ドクターイエローでおなじみの923形。7両編成で運転。架線や線路の状態を走行しながら検査する車両です。だいたいは夜間帯に走るので生で見るのは初めてです。

続きを読む


浜松工場新幹線なるほど発見デー(前編) [鉄道(JR東海)]

新幹線の工場見学というのはこれは初めてです。昨年行く予定でしたが仕事の関係上休養をとり行けませんでした。

まずは浜松から無料シャトルバスで会場に向かいます。かなりの人数がいるのでバスに乗車するまで30分くらいかかりました。タクシーを捕まえていく人も多く、納得。

会場となる浜松工場に入り、検修庫の中を歩きます。



東海道新幹線からは1999年に引退した0系先頭車。台車が外れクレーンで吊された状態ですが、4回台車に乗せる実演作業が行われます。



ロープで囲まれており中には入れないですが、割と観客のいる近くまで車体がやってきます。この後台車に移動して乗せて完了となります。

屋外に移動します。今日も真夏日でアナウンスでも水分補給をこまめにと放送しています。水を噴霧したりしています。

さて、まず最初に300系新幹線のプロトタイプとして登場した9000番台の先頭車両(322-9001)です。

見た目は今の300系と変わらないのですが、側面の"えら"が目立ちます。



次位に停まっているのは100系の2階建て車両。食堂車。新幹線に食堂車が連結されていた時代がありましたが、速度の向上により300系以降は連結されなくなりました。2階が食堂車、1階が厨房と売店となっています。大型の曲面ガラスが特徴です。浜松工場にはこういった保存されている車両が何両かいますが、平成23年度開館予定の博物館に展示されるようです。

続きを読む


鉄道(JR東海) ブログトップ