So-net無料ブログ作成
検索選択
鉄道(東急) ブログトップ
前の10件 | -

東急大井町線急行電車7両化工事(その2) [鉄道(東急)]

前回の観察からおよそ3ヶ月。現在の状況です。
●大井町

ホームを支える柱の部分を造るため、型枠が作られていました。
●旗の台

上りホームの二子玉川側先端ではホーム延伸部分のバラストが撤去されており、土嚢袋のようなものが積まれています。

こちらは下りホーム。板で囲まれ、土嚢袋のような物が敷き詰められています。間にあったバラストは撤去されています。

大井町側の上りホーム先端。状況は二子玉川側と同じくらいです。

下りホームも同様です。

続きを読む


東急東横線改良工事(その47) [鉄道(東急)]

●渋谷

ヒカリエ側の改札口から続く自由通路ですが通路が狭くなっています。これは動く歩道の設置工事です。実は昨年9月から行われており、今春完成予定。この影響で改札内の方でも一部通路が狭くなっています。

さらにJRへの連絡階段を現在建設中で仮囲いがされています。
●渋谷(旧地上駅)

駅前のビル建設ですが、いよいよ柱が建てられ、奥を走る山手線が見えなくなりました。そろそろ渋谷駅中心として工事状況も見に行かないと・・・。

駅南側での再開発工事ですが、こちらも建設中で4~5階分の高さまでになってきました。
●渋谷-代官山

JR渋谷駅新南口付近ではこぢんまりとしたカフェが出来ていました。

清掃工場近くの線路跡にはホテルが出来るようです。

続きを読む


タグ:東急東横線

東急相鉄線乗入れ工事(その6) [鉄道(東急)]

●日吉

目黒線ホームの1・2号車の間には乗務員が通れるスペースが確保されています。将来8両編成に合わせての対応でしょうか。

4・3号車の間にも同じようなスペースがあります。元々はここが末端部でした。

元住吉側へホームを60m移動したことにより、綱島側の引上線も移動されてます。ホーム間にあったシーサスを使用するようになりました。

綱島側ホーム末端付近には乗務員用のドアが設置されています。

東横線の線路は従来の外側へ移動されるようになるのですが、合流付近では既に線路が敷設されています。

目黒線の引上線末端部は線路が撤去され、重機が置かれています。今後東横線の線路切り替え後、東横線との間に連絡線向けのU型擁壁を構築するようです。引上げ線は2線から1線に変わります。

続きを読む


東急5050系5177F乗車 [鉄道(東急)]

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
さて、年明け早々東急5050系の新車5177Fに乗車しました。内装は5000系の6ドア置き換え車の中間車両とほぼ同じです。

車椅子スペースが従来の5050系とは違う配置です。
走行音もちょっと違います。1駅ですが録音してみました。

<関連ブログ>
2016/09/07 東急5050系甲種輸送(5177F)


にほんブログ村
タグ:東急5050系

東急東横線改良工事(その46) [鉄道(東急)]

●渋谷(旧地上駅)

旧駅部分は新しく建物が建設されるようになりJR線のホームが見えなくなりました。手前は連絡通路でしたがルートが変わり建物の奥へと移動されました。

その先代官山方面でも鉄筋の柱が建ち並ぶようになりました。
●代官山

緊急連絡通路からホームへと昇格(?)しました。

既にホームドアを導入している駅ですが、緊急通路として設置されたホーム部分はご覧の通りで、ホーム先端用タイルで仕上がっているので今後もホームドアを設置することは無いのではと思います。

こちらは下りホーム。同じ構造です。

カーブ上にあるためか、ドア位置の場所にはゴム製の板が取り付けられています。

続きを読む


タグ:東急東横線

東急大井町線急行電車7両化工事 [鉄道(東急)]

東急大井町線の急行は現在6000系6両編成による運転を行っていますが、混雑緩和目的として急行を7両にするため、ホームの対応工事が行われようとしています。
●大井町

大井町駅改札口付近にある工事のお知らせ。これによると平成28年10月下旬から平成30年3月(予定)となっています。

先端ホーム付近。若干ホームに余裕があります。1両は無理ですが、ドア2つ分くらいは確保出来るという感じです。

ホームの先ですが既にホーム延伸に向けて柱となる箇所はバラストが避けられています。信号機器箱(?)手前までホームを造るのではと思います。
●旗の台

大井町方面を撮影。この駅は両サイドにホームを延伸するようですが、大井町側は短めのようです。ドア1つ分?駅間が短く、隣の駅(荏原町)が見えます。

こちらは二子玉川側。恐らく架線柱手前までホームを延伸させるのではと思います。結構ギリギリですが・・・。ドア3つ分かなと。ちなみにこの駅はまだ工事を行っている気配は無いです。

工事のお知らせの貼り紙。

続きを読む


東急相鉄線乗り入れ工事(その5) [鉄道(東急)]

●日吉
目黒線のホームが7月3日より元住吉側に40mほど停止位置が移動しました。

手前のホームドアがやや外側に出ているのがかつての先頭位置だった箇所です。

東横線ホームはまだ工事中ですが、駅のお知らせによりますと10月9日初電から元住吉側に40m停止位置が移動されるようです。

移動した分、綱島側のホームはホームドアが撤去され仮囲いで覆われています。

綱島側の目黒線-東横線の渡り線は上下線とも撤去されました。

続きを読む


東急5050系甲種輸送(5177F) [鉄道(東急)]

東急5050系の甲種輸送が本日逗子から八王子まで行われました。翌日4両ずつに分割して長津田へ行きます。

神武寺駅上りホームから撮影。従来と比べてスカートの形状が変わっています。

ドアが開いていましたので外から覗いてみます。東急5000系の6ドア差し替え車両と同じようです。窓には携帯電話マナーモードのお願いと、非常停止ボタン・消火器の設置図が貼られています。

ドア上にあるLCDはワイドタイプです。ちょっと今までより大きいような気もしますが。

ドアから2番目の席までは枕が付いています。

続きを読む


タグ:東急5050系

東急東横線改良工事(その45) [鉄道(東急)]

●渋谷-代官山(旧地上区間)

16a出口。右側にあった階段は工事の都合で撤去され、左側に新たに階段が設けられました。

右側にも通路が設けられているように見えます。

JR線交差付近まで旧線は工事が行われています。今年度いっぱいのようです。
●代官山

上りホームを撮影。大がかりな工事が完了しており、ホームが現れました。

下りホーム側についても同じく。擁壁の工事が完了し、足場が撤去されていました。下りホーム奥の方はまだ工事中のようです。

コンコースへの階段はホームの改良に伴い、一部改修がされていました。

下りホーム渋谷側から撮影。右側の擁壁は数十センチほど削ったようです。以前の緊急通路に比べ倍に広がっています。

続きを読む


タグ:東急東横線

東急東横線改良工事(その44) [鉄道(東急)]

●渋谷-代官山(旧地上区間)

東棟の構築ですが、地盤が敷き詰められています。
●代官山

上り渋谷寄りの側壁がホーム延伸工事のため一部削られています。手前の緊急通路は残されたままです。

代官山ホーム側は特に変化無しです。

車内から撮影。下り側はネットに覆われ中の様子がわかりません。
●祐天寺

中目黒方面を撮影。上り待避線の線路が駅の方向(手前)へと伸びています。

上りホーム中央付近まで下には線路が敷設されています。手前の線路は上り線。

上りホーム先端から中目黒方面。架道橋は既にスラブが完成し、線路が敷設されていますが、ホームはまだです。

続きを読む


タグ:東急東横線
前の10件 | - 鉄道(東急) ブログトップ