So-net無料ブログ作成

南栗橋車両管理区本区観察(2017.9.10) [鉄道(東武)]

2ヶ月ぶりに見に行ってきました。

正門脇の収容線では森林公園検修区所属の11639F+11443Fが停まっていました。ここのところ東上線の10030系の車両も南栗橋で検査を行うようになりました。

サハ16639。6両と4両に分割されています。

SL検修区の前にはJR北海道から譲渡された14系が停まっています。こちらはスハフ14-508。

その後ろはオハ14-504。この左隣にも客車がいたのですが番号までは確認できません。

このため研修線に長く停まっていた客車はいなくなりました。12系もどこかへ移動されたようです。
続いて奥の引上線へ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

竹ノ塚駅高架化工事(その23) [鉄道(東武)]

8月27日初電から下り緩行線の仮線切換、下りホーム仮設への移動と、橋上駅舎の廃止・地下仮改札口供用開始となりました。

車内から撮影。下り緩行線が仮線へと切り替わっています。旧下り線はまだ撤去されていません。何れは上り緩行線の仮線へ流用されるのでしょう。

下り急行線の真下付近を走行します。

左から千住検車区竹ノ塚分室からの回送線と合流します。ポイントが複雑化して右側へは上り緩行線へと繋がっています。

下り仮設ホーム。左側は今後上り緩行線ホームとして使用するため既に滑り止め付きブロックと点字ブロックが設置済みです。

従来のホームとは2箇所の連絡通路で結ばれています。右側が従来のホームで上り専用ホーム。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅
nice!(5)  コメント(0) 

東武10000系リニューアル工事(2017.8.26) [鉄道(東武)]

5月に11203Fと11204Fがリニューアル工事のため南栗橋車両管理区館林作業所に入場しましたが、このうち11203Fが屋外へと出てきました。

正面から。種別・行先のフルカラーLED化と、ライトもLED化されています。他のリニューアル車と同じくスカートも装着。

側面から。通風器が片側2個撤去されているのもこれまで通り。
IMG_5307.jpg
残る11204Fももう間もなく出てくるのでしょう。
前回21871Fのうち、クハ21871とモハ22871が屋外に出ていましたが、全て建物内に取り込まれました。

20070系のパンタグラフ?
※全て公道より撮影
<関連ブログ>
2017/08/12 東武20070系ワンマン化工事
2017/05/24 東武10030系リニューアル工事(2017.5.24)


にほんブログ村

にほんブログ村

 


タグ:東武10000系
nice!(4)  コメント(1) 

東武アーバンパークライン逆井-六実間複線化工事状況(その3) [鉄道(東武)]

●逆井

複線化工事とは別ですが、駅舎の改修工事が行われています。完成は今年12月頃の予定。
●逆井-高柳

逆井側の陸橋から逆井方面を撮影。両サイドの斜面が削られて複線用地が出来てきました。

H鋼が打ち込まれていますが、新しく陸橋を造るようです。ショベルカーの奥は資材置き場となっています。

同地点から高柳方面を撮影。こちらは前回と変わりは無いです。雑草が伸び放題です。

跨線橋は工事期間中は車両通行止めとなります。自転車や歩行者は通行可能。工事は7月18日から来年の12月下旬まで。

現陸橋の左側に足場が組まれていますが、道路も拡張させるのでしょうか。歩道が無いので危ないです。

線路をくぐり反対側から撮影。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 

東武20070系ワンマン化工事 [鉄道(東武)]

21871Fのうち6両が南栗橋車両管理区館林作業所に入れられました。

もうちょっと早く来れば屋外に置かれていたのでしょうけど、今いるのは21871と22871の2両のみ。こちらはモハ22871です。

こちらは先頭車両のクハ21871。

残りの4両は建物内と思います。窓越しに見えるのは11203Fか11204Fのどちらか。
ところでワンマン化は4両という計画なのですが、6両というのが気になりますね。

20070系21871Fのうち2両は旧北館林荷扱所にいます。よそのブログ等をみると先にこちらに入場し、2両を切り離した後803Fに牽引されて先ほどの館林作業所へと回送されたようです。6両編成でも自走出来そうなものですが・・・。
右奥に見えるのは21809F(3両)と21813F(5両)です。左奥はメトロ03系03-123F。

続きを読む


タグ:東武20070系
nice!(4)  コメント(0) 

東武鉄道の転車台設置工事(その7-2)[終] [鉄道(東武)]

●鬼怒川温泉

駅前広場の足湯の脇にSLのパネルが設置されました。

駅舎の駅名標は新しいタイプに変える途中で、現在は工事中。

入口の駅名表示も変わりました。

「BENTO CAFE KODAMA」は駅舎内に戻り営業を開始しました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

東武鉄道の転車台設置工事(その7)[終] [鉄道(東武)]

●下今市

駅ホームには自立式の駅名標と時刻表・路線図・駅構内図・時刻表が設置されました。

1・2番線ホームには懐かしの洗面所が設けられるようです。まだ蛇口と鏡がないです。

ホームと屋根の更新工事は完了しました。

売店がそれぞれのホームに出来ました。

自動販売機も復活。

待合室も造られています。1・2番線ホームはまだ完成されていません。

こちらは3・4番線の待合室。なぜか椅子がありません。

続きを読む


タグ:下今市駅
nice!(1)  コメント(1) 

東武20000系解体状況(2017.7.30) [鉄道(東武)]


21809Fと21813Fの残り8両がやってきました。

03系03-118Fの奥に21809。先週はアスベスト除去小屋の前にいたのですが、まだ解体されず、また移動されてきました。

奥に28809の文字が見えます。

モハ26809。床下機器が一部撤去されています。

続きを読む


タグ:東武20000系

竹ノ塚駅高架化工事(その22) [鉄道(東武)]

まずは下り電車車内から。

竹ノ塚駅手前で左側に線路が敷設されています。下り緩行線の仮線です。奥には信号機が設置されています。

竹ノ塚駅先端付近から撮影。奥に見える高架橋の橋脚は前回と変わらず。

仮設ホームはだいぶ出来上がっています。

仮線切換後は仮ホームと現ホームと連絡通路で繋がります。出っ張りの部分は連絡通路となるのでしょう。

西新井側にはトイレでしょうか。
IMG_4869.jpg
西新井側ホーム先端から撮影。奥の方に下り緩行線仮線と回送線がクロスしているのが見えます。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅

東武20000系解体状況(2017.7.23) [鉄道(東武)]

21809Fと21813Fの一部の車両が廃車と紹介しましたが、その後の状況です。

半分に切断された21809Fの中間車両4両。ガラス窓も客室扉も付いたまま。東武の車両にしては珍しい光景です。とりあえず場所を移動させたとか?

車内を見ると化粧板は剥がされていない様子。

こちらはアスベスト除去小屋の前に移動されたクハ21809。既にガラス窓、クーラーキセ、床下機器など撤去された状態です。

続きを読む


タグ:東武20000系