So-net無料ブログ作成

東武鉄道の転車台設置工事(その7)[終] [鉄道(東武)]

●下今市

駅ホームには自立式の駅名標と時刻表・路線図・駅構内図・時刻表が設置されました。

1・2番線ホームには懐かしの洗面所が設けられるようです。まだ蛇口と鏡がないです。

ホームと屋根の更新工事は完了しました。

売店がそれぞれのホームに出来ました。

自動販売機も復活。

待合室も造られています。1・2番線ホームはまだ完成されていません。

こちらは3・4番線の待合室。なぜか椅子がありません。

続きを読む


タグ:下今市駅
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東武20000系解体状況(2017.7.30) [鉄道(東武)]


21809Fと21813Fの残り8両がやってきました。

03系03-118Fの奥に21809。先週はアスベスト除去小屋の前にいたのですが、まだ解体されず、また移動されてきました。

奥に28809の文字が見えます。

モハ26809。床下機器が一部撤去されています。

続きを読む


タグ:東武20000系

竹ノ塚駅高架化工事(その22) [鉄道(東武)]

まずは下り電車車内から。

竹ノ塚駅手前で左側に線路が敷設されています。下り緩行線の仮線です。奥には信号機が設置されています。

竹ノ塚駅先端付近から撮影。奥に見える高架橋の橋脚は前回と変わらず。

仮設ホームはだいぶ出来上がっています。

仮線切換後は仮ホームと現ホームと連絡通路で繋がります。出っ張りの部分は連絡通路となるのでしょう。

西新井側にはトイレでしょうか。
IMG_4869.jpg
西新井側ホーム先端から撮影。奥の方に下り緩行線仮線と回送線がクロスしているのが見えます。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅

東武20000系解体状況(2017.7.23) [鉄道(東武)]

21809Fと21813Fの一部の車両が廃車と紹介しましたが、その後の状況です。

半分に切断された21809Fの中間車両4両。ガラス窓も客室扉も付いたまま。東武の車両にしては珍しい光景です。とりあえず場所を移動させたとか?

車内を見ると化粧板は剥がされていない様子。

こちらはアスベスト除去小屋の前に移動されたクハ21809。既にガラス窓、クーラーキセ、床下機器など撤去された状態です。

続きを読む


タグ:東武20000系

南栗橋車両管理区本区観察(2017.7.17) [鉄道(東武)]

まずは、正面入口付近ですが、いつも何かしらの車両が停まっているのですが、この日は全くいませんでした。

裏手に回り訓練線の片隅に停まっている客車6両は特に変わりないです。

38番の634型。37番線の1819Fが通電状態で停車。

32番線には11460F。なにやら訓練を行っているようでした。

29番線の51068Fですが、再び使用休止中の札が取り付けられました。

続きを読む


東武8000系試験塗装第2弾 [鉄道(東武)]

昔、試験的に塗装したカラーが最近になって8000系に塗られて登場しています。その第2弾として8575Fに黄色に朱色の帯をしたカラーが登場しました。

この日は亀戸線の2番線に停車しており、運用的にはもう当日は亀戸線での運用は無く、時間をおいて大師線で運用されるのでしょう。

側面から。どことなく一昔前の都バスのようなカラーリング。

車体番号と形式と社紋は窓下にペイント。「東武鉄道」の文字がありません。

検査を終えたばかりでその際に塗装を行ったためまだピカピカに輝いています。

他の試験塗装の8000系の並びでもと思ったのですが、この時間は8565Fと8570Fが運用に入っており、8568F(緑)は春日部支所でお休みとタイミングが合いませんでした。

曳舟側はホームギリギリなのでこれが限度です。
ちなみに今回の塗装変更について公式アナウンスは7月15日時点出ていません。
<おまけ>

別の日に撮影した8568F。試験塗装第1弾です。


にほんブログ村

にほんブログ村

 


タグ:東武8000系

東武20000系廃車 [鉄道(東武)]

東武鉄道の地下鉄日比谷線直通向けの新型車両70000系が明日デビューするのですが、その前に20000系が廃車となりました。

陸橋から撮影。手前にいるのはクハ21809。301-1と一緒に離れておかれています。なぜこの車両だけ離れているのか不明です。

手前3両と、隣に4両。今回廃車となった編成は21809Fと21813F。アントに牽かれているのが前から28813-27813-26813。
21809Fは1990年9月。21813Fは1992年3月にそれぞれ製造されました。

車内を見ると既に解体作業が行われています。

既にシートが外されています。

モハ27813についてもやはりシートの撤去が行われています。思った以上に速いペース。

奥の線路には25809-24809-23809-22809の4両。こちらはモハ23809。化粧板など外されています。

21809Fは長いこと春日部支所にずっと休車状態で停まっていたのですが、結局廃車となってしまいました。

足回りは検査後間もなく運用から外れているので比較的綺麗な状態です。

奥の方に見えるのは解体直前の6050系。

続きを読む


タグ:東武20000系

SL大樹の試運転 [鉄道(東武)]

8月10日からSL大樹号が下今市-鬼怒川温泉間を運転します。営業運転を前に試運転が行われるようになりましたのでその様子を紹介します。

機関庫から蒸気機関車と車掌車がやってきました。

奥まで進み、客車の停まっている線路へ進入します。

丁度リバティの入線で被ってしまいました・・・。バック運転の時は車掌車に設置されたライト(?)が点灯します。

こちらが14系客車。正面は「試運転」の表示。手旗で機関車を誘導します。

連結作業が完了。

リバティとのツーショット。

続きを読む


東武鉄道の転車台設置工事(その6) [鉄道(東武)]

●下今市

下りホームの端はブロックが更新されました。また、柱は木材で覆われ色が塗られました。照明はLEDのようですが、まだ稼働されていません。

仮囲いの箇所があり、一部ホームが狭くなっています。

柱に貼られた駅名標。フォントが従来と異なります。

跨線橋からSL展示館に続く通路の工事は大詰めを迎え、仮囲いが撤去され今はご覧の通り簡易柵に変わっています。

通路は概ね出来上がっています。

続きを読む


南栗橋車両管理区本区観察(2017.6.12) [鉄道(東武)]


入場線には81108Fがいます。珍しく通電状態。

モハ82108の車輪。片側だけ真新しい・・・。

訓練線脇の線路には11659Fが停まっています。先々月あたりから構内にいて今回もまだモハ15659が繋がれていません。

ご丁寧にサハ14659とクハ16659の幌は繋がれています。

ただ、ケーブル等は繋がれていません。

訓練線の片隅に止められている12系2両と14系500代4両は特に変化無しです。

続きを読む