So-net無料ブログ作成
検索選択
鉄道(東武) ブログトップ
前の10件 | -

東武鉄道の転車台設置工事(その4) [鉄道(東武)]

既に東武鉄道の公式サイトでは転車台の設置がされていると報じられていますので、見に行ってみました。
●下今市

駅舎側の線路が再び敷設されるようになりました。

上りホームの仮囲いの箇所は前回と変わりません。

跨線橋から撮影。2・3番線の間に架線柱が建てられさらに架線ビームも設置されています。すぐ奥の架線ビームは今後撤去されるのではと思います。

4番線外側にターンテーブルが設置されました。

そのすぐ浅草側には機関庫が建てられています。まだ足が場組まれているので全体的な姿は見られません。

上り3・4番線ホーム先端付近から明神方面を撮影。一番右側の線路ですが、手前に左にカーブしています。以前は「25」とかかれた標識にかけて直線でした。

続きを読む


竹ノ塚駅高架化工事(その20) [鉄道(東武)]


伊37号踏切の西側にあった一部歩道橋の階段とエレベータは撤去されました。

跨線橋下の旧急行線下り線ですが、かなり深く掘られています。

竹ノ塚駅谷塚側。下り緩行線脇にH鋼が打たれています。架線柱を設置する物と思われます。この手前側にも同様にH鋼が設置されています。

撮影中にメトロ13000系13102Fが試運転列車として入ってきました。来月営業運転予定。

伊37号踏切の東側では歩道橋の階段とエレベータがまだ残されています。工事の進捗上、まだ残しても影響ないと判断しているのかも。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅

東武10030系リニューアル工事(2017.1.23) [鉄道(東武)]

昨日になるのですが、館林に足を運んできました。

11437Fが入場しました。既に今年度のリニューアル22両は施工済(or中)なので、この編成は来年度と言うことになるのでしょう。これで本線系統では10030系30代が全てリニューアル工事を受けたことになります。こちらはモハ13437。側面の行き先指示器は外されています。

その後ろにはクハ14437。ライトが外され、種別幕・行先幕も外されています。

見づらいアングルですが、奥には森林公園検修区所属の11637F・アンテナを撤去したクハ(サハ?)16637が置かれています。下2桁が"37"同士。

クハ14437も側面の行き先指示器が外されています。

続きを読む


タグ:東武10030系

南栗橋車両管理区本区観察(2017.1.23) [鉄道(東武)]

本日はお休みをいただいたので南栗橋車両管理区本区へ行ってきました。

研修線ですが、架線柱が正門付近まで建ち並んでました。

局修線にはオロ12-5の姿が見えます。屋根のクーラーが撤去されています。

オハフ15-1がアントに押されて収容線へと押し込まれていきました。こちらもよく見るとクーラーが撤去されています。

SL検修庫付近では14系客車が整備を受けています。周りは足場が組まれており、時折電動工具の音が聞こえます。窓が一部撤去されています。

その奥にはオハ14-1の姿。こちらは白帯が剥がされました。何れもクーラー撤去されていますね。

続きを読む


東武アーバンパークライン逆井-六実間複線化工事状況 [鉄道(東武)]

東武アーバンパークラインの逆井-六実間の複線化工事状況です。
●六実-高柳

堀割にある雑木林ですが、複線工事のため左側一部伐採されています。

伐採して柵も設置されています。その先はまだ未着手のようです。

その先の高台付近は特に工事を行っている気配は無いです。恐らく線路は奥に敷設されるのだと思いますが。

高柳電留線付近の陸橋から。正面が柏方面です。右側の法面の工事が行われています。この間に線路を敷設するのは厳しいので、現行の路線を右側に移動させそうです。

同地点から船橋方面。黄色いロープのあるところを削っていくのだと思います。

この付近は複線化工事用の出入口になっています。

続きを読む


森林公園検修区観察(2016.12.31) [鉄道(東武)]

2016年も今日で終わりです。今年最後の記事は森林公園検修区の観察です。

まずは本線脇の電留線から。電6には51003Fが停車していました。

運転台周り何か行っているようです。

保安装置あたりに脚立が置かれています。

検修庫内では手前が14445と見えるので11641F=11445F。隣は51072Fです。

そばを通過する9103F。今日は地上運用。
続いて奥の電留線へ。

続きを読む


竹ノ塚駅高架化工事(その19) [鉄道(東武)]


第38号踏切はやや谷塚側に移動されました。こちらについては後述。

地下自由通路の供用開始に伴い37号踏切そばの歩道橋は閉鎖され、撤去工事が行われています。下り側は既に撤去が進み階段の一部とエレベータが残されたくらい。

上り線側はまだ原形をとどめていますが時間の問題でしょう。

西口の定点撮影。奥に地下自由通路の入口が見えます。地下自由通路の供用開始は11月30日から。

37号踏切から駅方面を撮影。付近のお知らせによると歩道橋は12月13日に閉鎖されたようです。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅

東武10030系リニューアル工事(2016.12.17) [鉄道(東武)]

昨日になるのですが、リニューアル工事の状況です。

・・・と、いっても屋外に出ているのは1両のみで、それ以外は建物内に入れられており、今日は休みなのか人気は無くシャッターが下ろされていました。

該当車両はクハ11442。ドア交換と外部スピーカー取り付け。。内装も概ね終わっているようでした。

建物内にいる車両はさすがに番号まではわかりません。

正面は見づらいですが、種別機器は撤去。さらに屋根上のアンテナも撤去されています。中間車両となるため、スカートは着けられていません。

付近に置かれたパンタグラフ3基。11637Fのものでしょうか。

10030系から外されたと思われるクーラーキセ。
※全て公道より撮影
※タイトル日付が未来日になっていましたので訂正しました。
<関連ブログ>
2016/09/11 東武10030系修繕工事(2016.9.10)


にほんブログ村

にほんブログ村
タグ:東武10030系

南栗橋車両管理区本区観察(2016.12.17) [鉄道(東武)]

東武ファンフェスタ2016後の観察です。

検修庫の前には11655Fが停車。

一部は庫内に取り込まれているようです。

研修線では12系客車2両が停車。ボロボロになっていますけど、どうするのでしょうか。

なお、この研修線は電化するようで、既に架線柱が建てられています。

電車も走らせられるようにするのでしょう。

14系客車は別の場所に移動させられています。

続きを読む


東武500系甲種輸送(その2) [鉄道(東武)]

12月2日と3日にメーカー元の川崎重工を出発した500系3編成は昨夜熊谷貨物(タ)に到着し、本日秩父鉄道を走行して羽生へとやってきました。

秩父鉄道と東武鉄道双方の駅員等が線脇で待機。手前の作業員は架線までの高さを何ヶ所か測定しているようでした。

余談ですが羽生駅は4番線が2箇所あります。今の1番線が無かった時代に連番で振っているのですが、1番線が出来てからも秩父鉄道側は昔の番号を振っているためです。
さて、505号機に牽引された東武500系が羽生に到着。信号の関係で駅ホーム末端で停止。後ろ側は構内に入っておらず踏切は鳴りっぱなし。

暫くして移動を開始。

機関車と切り離し作業が行われます。

切り離された機関車は5番線へと転線します。

その後熊谷方に連結していた機関車108号機に押されて、引上線へと押し込みます。

続きを読む


タグ:東武500系
前の10件 | - 鉄道(東武) ブログトップ