So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

東武20000系解体状況(2017.9.23) [鉄道(東武)]

3日前の夜に見に行っていたのですが、明るいときも撮ろうと思い出かけてきました。

21811Fの先頭車両を除いた6両はやや田沼側へと移動されていました。・・・今日見に来ればよかったかな。

モハ23811。03系の後ろに隠れているのはモハ22811でしょうけど、こちらからは見えません。

車内はつり革が外されているようです。

モハ27811とモハ26811との連結面。転落防止幌が撤去されています。

モハ26811。側面の行き先指示器は全て外されていました。

続きを読む


タグ:東武20000系
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東武20000系解体状況(2017.9.20) [鉄道(東武)]

21811Fが廃車となりました。会社退勤してきたので現地にはもう真っ暗闇。ある程度の街灯を期待していたのですが、そういったものはそういえば無かったなと。

メトロ03系03-126Fの奥に停められているため、全体は見られませんでした。デジカメでフラッシュを使うのは久しぶりです。それと画像ソフトで若干補正しています。正面は2号車のシールがあることからモハ27811と思われます。既に幕が抜かれています。手前は転落防止幌が撤去されていました。室内についてはつり革が残っています。

手前の館林側ではクハ28811とクハ21811が2両に組成されていました。敢えてこの2両だけにしているのはワンマン化として使い道があるのでしょう。

正面をやや拡大。運番と行き先指示器の幕は既に抜かれていました。左側ライト上の車体番号が見えるでしょうか。

なお、2両に組成された20000系の館林側には850系(800系?)3両が繋げられていました。この車両で館林まで牽引するのでしょう。

続きを読む


タグ:東武20000系
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東武10000系リニューアル工事(2017.9.18) [鉄道(東武)]


11203Fですが、本線側とは反対に建物の隣へと移動されました。特に見た感じ工事を行っていることはないです。

そろそろ出場が近いのでしょうか・・・といって概ね出来上がって屋外に出てから1ヶ月ほど経っていますけど。11204Fのほうはまだ出ていないようです。

脇に向かうとコンプレッサーと右側にはパンタグラフが陳列(?)されていました。20070系と思いますが。コンプレッサーの一つ真新しいですね。

今日は建物のシャッターが開いていました。裏手から11203Fを撮影。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

南栗橋車両管理区本区観察(2017.9.10) [鉄道(東武)]

2ヶ月ぶりに見に行ってきました。

正門脇の収容線では森林公園検修区所属の11639F+11443Fが停まっていました。ここのところ東上線の10030系の車両も南栗橋で検査を行うようになりました。

サハ16639。6両と4両に分割されています。

SL検修区の前にはJR北海道から譲渡された14系が停まっています。こちらはスハフ14-508。

その後ろはオハ14-504。この左隣にも客車がいたのですが番号までは確認できません。

このため研修線に長く停まっていた客車はいなくなりました。12系もどこかへ移動されたようです。
続いて奥の引上線へ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹ノ塚駅高架化工事(その23) [鉄道(東武)]

8月27日初電から下り緩行線の仮線切換、下りホーム仮設への移動と、橋上駅舎の廃止・地下仮改札口供用開始となりました。

車内から撮影。下り緩行線が仮線へと切り替わっています。旧下り線はまだ撤去されていません。何れは上り緩行線の仮線へ流用されるのでしょう。

下り急行線の真下付近を走行します。

左から千住検車区竹ノ塚分室からの回送線と合流します。ポイントが複雑化して右側へは上り緩行線へと繋がっています。

下り仮設ホーム。左側は今後上り緩行線ホームとして使用するため既に滑り止め付きブロックと点字ブロックが設置済みです。

従来のホームとは2箇所の連絡通路で結ばれています。右側が従来のホームで上り専用ホーム。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新白河折返し設備整備(その5) [鉄道(JR東日本)]

前回の調査から3ヶ月が経過しました。車内は「青春18きっぷ」組と思われる旅行客が多かったです。

6番線ホーム中程にコンクリート製の車止めが設置されました。

こちらは黒磯側から。右側にワンマンの停目があります。手前の緑色の地上子は「中1 Sn-0」と書かれています。

6番線黒磯側の信号機はカバーが外され、機能するようになっています。なお表記はこれまでの「中線出」から「中1出」と変わっていました。

車止めの工事が完了したため、郡山側の6番線の乗車位置が2両分黒磯側に移動されました。

先端部分は6両編成の停止目標。これで6両分確保出来ました。こちらの信号機は遠くて見えませんでしたが、地上子は「中2Ps」となっているので「中2出」とでもなっているのでしょうか??

続きを読む


タグ:新白河駅
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ