So-net無料ブログ作成

西武・電車フェスタ2018in武蔵丘車両検修場 [鉄道(西武)]

毎年6月第一土曜日恒例(?)の西武・電車フェスタに参加してきました。昨年は行ってないので、2年ぶりです。

偶然にも所沢始発の快速急行に乗車。この電車は飯能行きですが、武蔵丘車両検修場まで直通運転。

同一方向に行く快速急行の並びは珍しいです。

なお、車掌は鉄道モノマネでお馴染みの立川真司氏が同乗。会場となる武蔵丘検修場までのマイクパフォーマンスが車内で聞けました。

飯能からは臨時扱いとなります。「お乗りになれません。」表示は間違って会場へ行かないための防止策でしょうか。

行き先表示も「臨時」の表示。

会場となる武蔵丘検修場に到着。先頭と中間5号車のみ非常コックでのドア操作。降りるのに偉い時間がかかります。

まずはICカード読み取り機にタッチして精算。東武の南栗橋でのイベントもこういうことやって欲しいです。

入ってすぐの場所ではLED表示体験、好きな行き先を表示することができます。

イベントに参加したのは電車ぐるぐる巡りツアー。2000系の2048と2047を向かい合わせにした車内を歩くというもの。

滅多に通ることのできない乗務員室。

幌は無いため、簡易の転落防止棒で対応。

運転室の脇を通ります。

近江鉄道のコラボレーションとして101系を近江鉄道カラーに塗り替えられた1251F。こちらはモハ251。

ツアーの締めくくりは屋上まで上り屋根の観察。

先頭車1251。はヘッドマーク入りで展示されていました。このヘッドマークで運用に入るのでしょうか。

クハ1252はトラバーサー付近に止められていました。

ステージイベントでは久野知美氏のミニライブ。時間の都合上最後まで見ず。鉄道撮影へ。

案の定長蛇の列。炎天下の中待つのはつらい。せめてテントを用意して欲しかった。今回の撮影対象の車両は20104F(2代目L-TRAIN)と31805F(ぐでたま)

2000系のラッピングのようにも見えます。丁度2000系が走って行ったので一緒に撮影。

撮影時間はわずか3分。撮影できる車両が限られていますので撮影するには十分です。

ついでに9108Fも。「拝島快速」辰巳行きという訳のわからない行き先表示を出せるのもイベントの楽しみでもあります。

最後に立川真司氏のものまねステージをビール飲みながら堪能。暑さで一寸酔いが回りました。

帰りは会場から無料バスで飯能へ。


にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

hanamura

わぁ~!たのしそうです。行ってみたいです。いつかは・・・
今週末のイベントとして、とても、気になっていました。
う~ん!会場でビールが飲める(?)ポイント高いです!www
by hanamura (2018-06-03 05:15) 

nakka

こんにちは。hanamuraさん。

天気が良く、暑かったのでビールうまく感じました。あとはつまみがあればよかったのですけど、買うの忘れました。
by nakka (2018-06-05 00:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント