So-net無料ブログ作成

東武20000系解体状況(2018.4.13) [鉄道(東武)]

話は金曜日に戻って、20000系の解体状況です。

21801Fの中間車両のうち、4両が残っていました。いずれも窓ガラスは撤去され、胴体のみです。

こちらはモハ25801。足回りは台車だけとなっており、解体されるのは時間の問題でしょう。

モハ24801の後ろにいるのはモハ25872で、長い間25872と24872についても解体作業が行われるようになりました。同じように車体のみで、中はがらんとしています。

モハ23801。その後ろにモハ24872がいます。かろうじて窓ガラスが残っているくらい。

最後にモハ22801。中間6両のうちモハ26801とモハ27801の姿が無かったのでこれらは解体されてしまったのでしょう。

館林側にはモハ25873とモハ24873。これらはまだ解体作業に着手されていません。手前にいるモハ25873は右側のIRアンテナが外されています。

※すべて公道より撮影


にほんブログ村


にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント