So-net無料ブログ作成
検索選択

東武20000系廃車 [鉄道(東武)]

東武鉄道の地下鉄日比谷線直通向けの新型車両70000系が明日デビューするのですが、その前に20000系が廃車となりました。

陸橋から撮影。手前にいるのはクハ21809。301-1と一緒に離れておかれています。なぜこの車両だけ離れているのか不明です。

手前3両と、隣に4両。今回廃車となった編成は21809Fと21813F。アントに牽かれているのが前から28813-27813-26813。
21809Fは1990年9月。21813Fは1992年3月にそれぞれ製造されました。

車内を見ると既に解体作業が行われています。

既にシートが外されています。

モハ27813についてもやはりシートの撤去が行われています。思った以上に速いペース。

奥の線路には25809-24809-23809-22809の4両。こちらはモハ23809。化粧板など外されています。

21809Fは長いこと春日部支所にずっと休車状態で停まっていたのですが、結局廃車となってしまいました。

足回りは検査後間もなく運用から外れているので比較的綺麗な状態です。

奥の方に見えるのは解体直前の6050系。

冒頭で紹介したクハ21809。作業員が数名乗り込んでいました。

既にこちらも座席は撤去されているようですね。
ということで21809Fの5両と、21813Fの3両をつなぎ替えて8両にして送られてきたようです。面倒な組み替えをしたのは21809Fの状態がよくなかったからかも知れません。

そばを走る佐野線8576F。まさか8000系より先に20000系が廃車になるとは。18mでは使い道が限られてしまいますので仕方の無いことでしょう。
続いて春日部支所へ。

21809Fの残りがやはり停まっていました。

こちらも21813Fとの残りで8両に組成されています。近いうちに廃車となるのでしょうか。

運転台が荒らされたような状態になっているのですけど、走らせられるのでしょうか。

横へ回ってみるとモハ22813の姿が見えます。
※全て公道より撮影。

70000系デビューの前に廃車となりましたが、今年4月のダイヤ改正で日比谷線直通運用は平日21・休日20運用から、終日19運用に減っているので2本減っても問題ない本数です。

さて、20000系の今後ですが、東武鉄道のホームページ、IR・電子公告にある第197期有価証券報告書の26ページに「20000系電車4両・ワンマン化工事」として案件が上がっています。予算はおよそ57.5億円。ワンマン工事を行うということがポイントですが、4両でワンマンとなると東武宇都宮線に入れられるのかも知れません。もしかしたら800・850系の置き換えということもあり得ますが、車両数が増えてしまい、ランニングコスト等余計にかかってしまいそうです。
現時点ではどこに投入されるのか不明なので、今後の動きに注目したいと思います。
<おまけ>

姫宮に進入するメトロ13000系13104F。こちらはここのところ2週間おきに甲種輸送が行われています。7月8日に近畿車輌から13109Fの甲種輸送が予定されています。
<関連ブログ>
2017/03/11 東武20000系の話題(その4)
2016/01/03 東武20000系の話題(その3)
2015/07/12 東武20000系の話題(その2)
2015/04/20 東武スペーシア特別塗装車
2015/01/01 東武20000系の話題


にほんブログ村


にほんブログ村

 


タグ:東武20000系
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

hanamura

廃車ニュースに過敏になっている今日この頃です。
O急Rカーどうにか、ならないのかなぁ~。トホホ
by hanamura (2017-07-06 18:55) 

nakka

こんにちは。hanamuraさん。

小田急の件についてはどうも複々線化による運用増を見込み、検車区に保存している車両がネックとなったためのようですね。
by nakka (2017-07-16 21:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。