So-net無料ブログ作成
検索選択

元住吉事故の車両 [鉄道(東急)]

2014年(平成26年)2月15日に大雪のなか武蔵小杉-元住吉を走行中、先行列車との間隔をとるため、非常ブレーキを使用して列車を停止させようとしたが停まらず、元住吉駅構内で先行列車と衝突するという事故が発生しました。その時被害を受けた車両のうち、後続列車の5155Fは元住吉検車区の高架下で長いこと置かれていました。
今月に入ってこの編成が屋外へと移動されました。

こちらがその編成。手前が5655です。衝突により車両同士の接触で凹んでしまい、ブルーシートで養生されています。

別角度から。カバーが外れないよう紐で台車部と固定されています。

事故当時のまま保存しているため優先席シールは以前のまま。

前2両は損傷の激しいようで全体的にカバーで覆われています。後続列車の先頭5855と次位の5755かと思われます。

ビニールを固定する紐は5655の台車に括り付けられています。

ブルーシートで覆われた2両の前が5555。ぞろ目です。その前が5455でしょう。衝撃による影響か5555とは完全に繋がれていないようです。

こちら側にはIRアンテナが無く、雨樋が歪んでいます。

反対側から。やはり歪んでいます。IRアンテナが見えるでしょうか。

渋谷側から3両(5155-5255-5355)は特に目立った損傷は無さそうですが、事故調査報告書によると5355と5455の間も車両間同士の接触があるようです。

駅側から撮影。塀があるので全体的には撮影出来ません。
※全て公道より撮影。


こちらは昨年11月に撮影した画像ですが、手前に中間車両でブルーシートがかけられている状態です。屋外へ移動する際に、編成の組み替えを行ったようですね。
※踏切から撮影。


にほんブログ村

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

hanamura

長期保存するのですね。まだ調査があるのでしょうか?
by hanamura (2017-07-04 05:59) 

nakka

こんにちは。hanamuraさん。

表に出てきたということでおそらく調査が一通り終わったのではと思います。事故で損傷した車両の多くは廃車でしょうね。
by nakka (2017-07-05 21:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0