So-net無料ブログ作成

上信電鉄100形解体 [鉄道(上信電鉄)]

上信電鉄高崎駅構内で長いこと置かれていた100形(103F)が解体されています。元は西武鉄道の451系で、上信電鉄に譲渡された車両。除籍後も倉庫として使われてきました。

駐車場内から撮影するのがよいのでしょうけど、用も無い(駐車目的)のに中に入るのは拙いので公道から撮影しています。こちらはクモハ103。

上信電鉄と言えばピンク色に紺色の帯というイメージが子供の頃にはあったのですが、最近ではカラーリングが変わり白地に緑帯に変わっています。除籍された頃のままなので塗装変更は行われず今日に至ります。

こちらはクハ103。車体半分からバーナーで切断されています。窓ガラスが撤去されています。

中央はドラム缶で支えられています。

正面もライトや窓ガラスが撤去されていました。

別の場所から撮影しましたが、デキ1が前に停まっていて見づらくなっています。

最近出来た高崎アリーナのテラスから。
解体されたのは風雨にさらされて、損傷が激しかったのでしょうか・・・。

今年1月に新幹線車内から撮影したクハ103。
IMGP0657.jpg
弊ブログとリンクさせて貰っている「TOMOの鉄日誌」ブログ10周年を記念したイベントで上信電鉄で臨時列車を貸し切った際に撮影したものです。上信電鉄のご厚意で撮影させて貰いました。

<おまけ>

烏川を渡る150形(151F)。こちらは元西武401系を譲渡された車両です。この車両により100形が置き換わりました。


にほんブログ村

 


タグ:上信電鉄
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0