So-net無料ブログ作成
検索選択

東武アーバンパークライン逆井-六実間複線化工事状況(その2) [鉄道(東武)]

東武アーバンパークラインの複線化工事状況を紹介します。観察してもう1年。つい最近のように思えます。
●逆井-高柳

逆井をでてちょっと先にある陸橋から逆井方面。線路両脇に柵が設置されました。複線化のための工事がこの付近でも始まろうとしています。

同地点から高柳方面を撮影。奥の雑木林は手前側のみ伐採されているだけです。

南部運動場付近は高柳方面の左側に線増させるようで、鋼矢板が一部設置されています。

歩道が無い橋梁。4月27日~平成29年7月下旬の9~17時と21時~5時まで通行止め。自転車歩行者は通行可能。ただ、見た限り今日のような休工日は通れるようです。

逆井側は杭打ちが行われていました。

こちら側も工事が行われています。手前は工事用のヤードになっています。線路脇にあった一本の木が伐採されていました。

なお、高柳側の橋梁は複線分のスペースが確保されてます。

高柳電留線付近の陸橋から柏方面を撮影。右側の法面工事は概ね完了して、線路脇の柵は撤去されています。今の架線柱の右側に新しい架線柱が設置されようとしています。

奥の方を見ると線路脇に排水溝が設けられています。

同地点から船橋方面を撮影。左側の法面工事が同じく概ね完成。やはり架線柱も設置されようとしています。手前の架線柱新しくなっていますね。

野第262号踏切から柏方面を撮影。この辺りは特には変化無しです。
●高柳

西口となるロータリー付近では仮囲いが建ち並ぶようになりました。

野第264号踏切から高柳駅方面を撮影。新しいホームの基礎部分が出来ようとしています。

高柳駅正面。右側のはエレベータ用の連絡通路です。

先ほど仮囲いの紹介した西口。駅ホーム側から見るとこんな感じです。全体的に基礎工事が行われています。

1番線船橋方面から撮影。2面2線のホームは改良工事後は2面4線にと変わります。工事のため右側仮囲いで狭くなっています。
●高柳-六実

野第265号踏切から高柳駅方面を撮影。左側の複線用地は確保されていますが前回と特に変わりはありません。

野第266号踏切付近。奥が船橋方面。新しく架線柱を設置するようです。

この先は車内から撮影。正面が船橋方面です。左側に複線用地があり、工事が行われています。

野第268号踏切手前では左側はやや切り通しとなっています。柵が設置されていますが、本格的な工事はまだのようです。

野第269号踏切の柏側の高台。こちらも柵が設置されています。工事はまだのようです。なお近くにあった大木がなくなりました。

野第269号踏切付近から六実駅方面を撮影。パチンコ店の駐車場脇の砂利道がすっきりしました。正面の電柱左側が更地になっているので道の中央に電柱があるようになっています。

野第270号踏切から柏方面。正面の砂利道の一部が複線の用地となるのでしょう。
<関連ブログ>
2017/01/09 東武アーバンパークライン逆井-六実間複線化工事状況
2016/05/05 東武アーバンパークライン逆井-六実間複線化工事に着手


にほんブログ村

にほんブログ村

 


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 1

hanamura

沿線住民だった頃を、懐かしい!というのと、
やっと!ですか?という気持ちです。
by hanamura (2017-05-08 06:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。