So-net無料ブログ作成
検索選択

東武特急スカイツリートレインに乗車する [鉄道(乗り鉄)]

デビューしてだいぶ経ちますが、スカイツリートレインの大宮~とうきょうスカイツリー間を乗車しました。
このスカイツリートレイン4号は土曜日のみ運行される臨時列車。アーバンパークラインを走る唯一の特急列車です。ちなみにこの列車、自動券売機での販売はなく、駅に行って駅係員のいる窓口で購入する必要があります。大宮から浅草・とうきょうスカイツリーまでの特急料金は510円。

12時10分過ぎに回送で大宮にやってきました。

号車番号のサボ受けが有効に使われています。634型の前身6050系でもそう使われたことは無いと思います。6000系時代に座席指定として快速急行というのがありましたが。

634型は2両固定を2本繋ぎ合わせた4両編成。2両単独でも走れるのですが、少なくとも私は見たこと無いです。

発車3分前になりようやく行先が表示されました。出入口は1・3号車のみで、それ以外はドアは開きません。入口付近に係員が立っており、特急券を見せて乗車します。

車内のシートは1列と2列席となっていて、2列席は窓側に向けていて微妙に斜めに角度が付いています。また、全体的に座席は通路よりも一段高くなっています。

車内案内はパッとビジョン。有料特急ではあまり見かけないです。

荷物スペースが付いてます。

3号車には売店。営業中なのですが偶々別のお客が撮影されていたので便乗で。わざわざどいて貰った販売員に申し訳なくあとでお菓子購入しました。この売店の隣がドアでその隣が洗面台になっていて区切られていないのがちょっと気になります。

4号車の車端部にあるテーブルは日光杉並木の杉を使用しており、「御神木」の刻印がされています。

乗務員室の後ろはサロンスペース。右側はちょっとした展望席です。

車体は1988年(昭和63年)製。2012年(平成24年)にJ-TRECで改造されました。

さて、大宮を出て岩槻に到着。この駅は通過なのですが、数分ほど運転停車。岩槻を出発して春日部手前でポイントを渡り、スカイツリーラインへと入ります。

春日部では5分ほど停車。その間に1番線にスペーシアきぬ浅草行きが到着し、あちらが先に発車します。春日部から特急利用するなら「きぬ」を利用するようで、こちらへ乗ってくる人はあまりいません。

越谷付近で先行の普通電車を追い抜きます。この先西新井でも普通を追い抜きます。

天窓からスカイツリーを・・・。

浅草へ向かうスカイツリートレイン。ちなみに乗客は20名くらいでした。
※2017.3.16 文章訂正
 


にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 3

hanamura

私が乗車したのは、「鉄道むすめ」のキャンペーン中でした。
なつかしいなぁ・・・当方、徹頭徹尾!軟派な鉄道ファンです。
http://hanamura-tatsuhiko.blog.so-net.ne.jp/2015-02-20
むかしのブログですが、その当時の様子をご確認ください。
by hanamura (2017-03-05 00:10) 

774

運行終了みたいですね
by 774 (2017-03-11 23:47) 

nakka

こんにちは。774さん。

4月16日でスカイツリートレインは運行終了ですね。今後一般販売ではなく団体列車として運用されるのではと思いますが。
by nakka (2017-03-13 16:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0