So-net無料ブログ作成

一畑電車に譲渡された東急1000系 [鉄道(一畑電鉄)]

夏休みを利用して山陰方面へと旅行に行ってきました。その時に一畑電車を利用したのですが、元東急1000系に乗り合わせることが出来ました。一畑電車でも1000系を名乗ります。

中間車両を先頭車改造に行ったため、独特の顔になっています。塗装では無くラッピングです。増結するつもりがあるのか電連まで装備されています。

2014年に長津田の工場で改造されたようです。東急1000系は地下鉄日比谷線直通向けに1988年~1990年に製造(池上線向けは1992年まで製造)され、一部は「昭和64年」という銘板も付けられています。日比谷線直通廃止により余剰となった一部がこちら一畑電車に譲渡されました。

ワンマン運転なので整理券の設置と、ドア開閉ボタンの追設がおこなわれています。

シートは昔のまま。つり革も恐らくは以前のままと思われます。

川跡駅にて1000系同士の並び。現時点一畑電車に譲渡された1000系はこの2編成のみ。

中間車両からの改造のため、乗務員室からドアの間はビートがありません。新たに繋ぎ合わせたのでしょう。

あまり人目に付かない妻部はラッピングの対象外のようで、ここだけ無地のステンレスが剥き出しになっていました。

出雲大社前駅に静態保存されているデハニ50の52号機と同じカラーになっているのがわかります。

窓下にはロゴが貼られています。東急のマークがあった場所も一畑電車のマークに変わりました。楕円形なのは変わらないですが。
タグ:一畑電車
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 3

hanamura

あ~、また松江に行きたいです。
工事中(大遷宮)だった出雲大社にも!
ならば、一畑電気鉄道ですねぇ。
デハニ50形に早めに乗っておかないと!
by hanamura (2015-08-13 10:43) 

Utsu

一畑もハイテク化されましたね。
VVVF車が入って、メンテもだいぶらくになったんじゃあないかと思います。

しかし、中小私鉄もVVVFの時代になったんですね。
by Utsu (2015-08-13 16:09) 

nakka

こんにちは。hanamuraさん。
デハニ50については以前は出雲大社前駅構内で期間限定ですが、公開されていたのですが、いまは駅の外にあって自由に内部を見ることが出来ます。

こんにちは。Utsuさん。
VVVF車も今では平成生まれの中古車両として譲渡されるケースが出てきましたよね。上田交通もその例ですね。
by nakka (2015-08-13 22:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0