So-net無料ブログ作成

竹ノ塚駅高架化工事 [鉄道(東武)]

東武スカイツリーラインの竹ノ塚駅高架化工事が本格的に行われるようになります。今回はその事前調査的な感じで現在の状況を報告します。
スカイツリーラインは北千住-北越谷間が複々線化されていますが、このうち踏切があるのは竹ノ塚駅前後を通る道路と交差する2箇所のみ。工事はこの踏切を廃止するため鉄道を高架化する大規模な工事です。

浅草側にある赤山街道の踏切(第37号踏切)。日中でも一旦遮断機が下りると連続して電車が通過していきます。現在は警備員が常駐していて交通整理をしています。

歩行者や自転車はこの踏切を迂回するためエレベータ付きの歩道橋が設けられています。こちらは浅草方向を撮影。右側から下り急行線・回送線・下り緩行線。

竹ノ塚西口。駅前ロータリーはやや窮屈。

西口ロータリー。手前に空き地が出来ています。何かの建物があったと思われますが。ここは将来右端の階段辺りに急行線の高架線が出来る予定です。

正面の橋上駅舎は高架化に際して邪魔になるため、地下に改札口が暫定的に造られるようです。そのためこの橋上駅舎が手を加えられていない姿を見るのは今のうちです。

さらに浅草方面へ移動。右端が車庫線で、その先(奥)は東京メトロ竹ノ塚検車区。車庫線は下り急行線を渡り、先ほどの回送線を経由して伊勢崎側の引上線へと進入。この右端の車庫線をさらに右側(西側)に移設して、現車庫線に下り線の高架橋を建設するようです。この付近は下り線だけが高架化されます。これは竹ノ塚検車区が地上であるため、下り線との平面交差を解消するためと思われます。西新井-竹ノ塚間がこれまで地上駅のままなのは車庫や西新井に工場があったためなのでしょう。

付近で見かける看板。まずは下り急行線を先に高架化させます。
DSCF5430.jpg
歩道橋から竹ノ塚方面。左側下り急行線脇に資材が置かれています。

こちらは東口。高架化工事に伴う改修工事のため、店舗は現在入っていません。

駅を挟み伊勢崎側の踏切。(第38踏切)。こちらも一度閉まるとなかなか開きません。

奥が伊勢崎方面。この先で現行の高架線と合流するようになります。高架化の際東側に移設するため、仮囲いができています。
DSCF5424.jpg
竹ノ塚の引上線。現在は3線ありますが、将来は2線になるようです。
DSCF5441.jpg
10030系が停車しているところが引上線。本線は踏切を渡りすぐに高架へと上がるため、段差が生じています。将来この引上線も高架化されます。現行の高架線と繋げるため若干本線が下り勾配となるので、引上線の方が高くなるようです。引上線は現在3線ですが、高架化後は2線になる予定。
完成は2020年度を予定。・・・あと7年ほど。
2013.8.12 画像追加
2013.11.26 画像追加
タグ:竹ノ塚駅
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

NO NAME

最後の画像がリンク切れしてます
by NO NAME (2013-06-23 09:14) 

nakka

すいません。リンク切れの画像を直しました。
by nakka (2013-06-23 20:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0