So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東武鉄道の転車台設置工事(その4) [鉄道(東武)]

既に東武鉄道の公式サイトでは転車台の設置がされていると報じられていますので、見に行ってみました。
●下今市

駅舎側の線路が再び敷設されるようになりました。

上りホームの仮囲いの箇所は前回と変わりません。

跨線橋から撮影。2・3番線の間に架線柱が建てられさらに架線ビームも設置されています。すぐ奥の架線ビームは今後撤去されるのではと思います。

4番線外側にターンテーブルが設置されました。

そのすぐ浅草側には機関庫が建てられています。まだ足が場組まれているので全体的な姿は見られません。

上り3・4番線ホーム先端付近から明神方面を撮影。一番右側の線路ですが、手前に左にカーブしています。以前は「25」とかかれた標識にかけて直線でした。

続きを読む


竹ノ塚駅高架化工事(その20) [鉄道(東武)]


伊37号踏切の西側にあった一部歩道橋の階段とエレベータは撤去されました。

跨線橋下の旧急行線下り線ですが、かなり深く掘られています。

竹ノ塚駅谷塚側。下り緩行線脇にH鋼が打たれています。架線柱を設置する物と思われます。この手前側にも同様にH鋼が設置されています。

撮影中にメトロ13000系13102Fが試運転列車として入ってきました。来月営業運転予定。

伊37号踏切の東側では歩道橋の階段とエレベータがまだ残されています。工事の進捗上、まだ残しても影響ないと判断しているのかも。

続きを読む


タグ:竹ノ塚駅

品川駅改良工事(その30) [鉄道(JR東日本)]


田町駅付近に架かる札の辻から品川方面を撮影。左側2線が東海道本線。線路が撤去された跡が旧上り線。線路が途切れているのは8~12番線からの旧上り線。

手前の線路は旧東海道線上り線。まだ撤去されない箇所もあります。昨日新駅の起工式が行われたようですね。

品川駅5番線ホームは線路が撤去されました。6番線との間には仮囲いが全体にされています。

東京側のホーム付近では屋根が撤去されました。柱の部分が根本付近で切り取られています。

6番線の東京側先端部付近。こちらも仮囲いがされています。

続きを読む


タグ:品川駅

渋谷駅改良工事(その5) [鉄道(JR東日本)]

いつものようにHikarieから撮影しました。

左側旧東急東横線渋谷駅跡地に街区東棟が建てられますが、既に躯体工事が行われており鉄骨の梁が組まれていました。

3階部分の床までコンクリートが打設されているようです。

14番出口付近。連絡通路はこの左側にありましたが、昨年の11月6日からルートが変更になり、右奥を直進するようになりました。

JR渋谷駅の南改札口・西口へ続く通路。

Hikarieからの連絡通路から先ほどの場所を撮影。真上にビルの躯体が造られています。この辺りに3・4番線ホームが移動される予定。

続きを読む


タグ:渋谷駅

末広橋梁を訪ねる [鉄道(JR貨物)]

休暇を利用して三重県四日市市にある末広橋梁へと行ってきました。


実はここに来たのは今回が初めてです。この橋梁は貨物線(四日市港線の四日市-四日市港)の千歳運河に架かる橋梁で、現役では最古の鉄道可動橋です。1931年(昭和6年)に作成されました。大型船が航行出来るよう、一部ガーター橋が可動できるようになっています。2009年(平成21年)2月に経済産業省から近代化産業遺産に指定されています。

手前の本屋北踏切から末広橋梁を撮影。貨物列車が走るときだけ橋が降りるので通常は上がった状態ですが、休日は降りたままのようです。

橋の手前には信号機らしきものがありますが、消灯しています。

水害から守るため運河に通じる道路・鉄道や運河に面した倉庫のシャッターは全て防潮壁が設置されています。

こちらが末広橋梁。駅前の観光案内にも記載されています。

対岸にもやはり防潮壁が設置されています。
貨物が通過する10分ほど前になると作業員がやってきて橋を降ろす作業を行います。完全に降りるまで5分弱。その間は警報器が鳴ります。

四日市方面から四日市港へ向かうセメント列車がゆっくりとやってきます。ここを通る貨物列車はセメント列車のみで太平洋セメント工場のある三岐鉄道の東藤原と四日市港との間を1日5往復運転します。

そのまま末広橋梁を渡っていきます。

渡り終わったところで貨物の入れ換え作業を行い10分くらいしてすぐに四日市方面へと向かう貨物がやってきます。通過後しばらくして作業員がやってきて橋を上げる作業(平日のみ)を行い終了。

続きを読む


タグ:貨物

引退迫る烏山線のキハ40 [鉄道(JR東日本)]

3月4日のダイヤ改正で烏山線を走るキハ40がEV-E301に全て置き換わることになり、キハ40は首都圏から姿を消すことになります。

自由通路から宇都宮運転所を撮影。烏山線の気動車が配置されています。ちなみにEV-E301は小山車両センター所属。

宇都宮に入線してくるキハ40の2両編成。カメラを構える人が多々居ます。

側面のサボ。固定で宇都宮行きでも宝積寺折り返しでもこのままです。

13:40発の烏山行きは通常であればACCUM(EV-E301)で運転されるのですが、12月9日から検査のため当面の間はこのキハ40が代走となっているようです。

続きを読む


メトロ03系(03-114F)廃車 [鉄道(東京メトロ)]

メトロ日比谷線に新型車両13000系が導入されますが、まだ営業運転されていないうちに03系1編成が廃車となりました。

廃車となった行先は銀座線の01系と同じく旧北館林荷扱所。ただ、銀座線と違い日比谷線はここまで線路が繋がっているので自力で回送してきたようです。

該当編成は03-114Fです。前後2両が5ドア車となっています。

最近になって東武20000系列共々乗務員室脇に黄色いテープが貼られるようになったのですが、18m8両編成と20m7両編成を区別するために付けられたのでしょうか。

5ドア車のうち2箇所は中目黒では北千住方面行きのみ開かないのでドア横にドアが開かない旨の表示がされていますが、既に撤去されています。右上にうっすらと残る営団地下鉄時代のマーク。メトロのマークに変わっていましたがこちらも撤去。ルーバーも外されています。

続きを読む


東急大井町線急行電車7両化工事(その2) [鉄道(東急)]

前回の観察からおよそ3ヶ月。現在の状況です。
●大井町

ホームを支える柱の部分を造るため、型枠が作られていました。
●旗の台

上りホームの二子玉川側先端ではホーム延伸部分のバラストが撤去されており、土嚢袋のようなものが積まれています。

こちらは下りホーム。板で囲まれ、土嚢袋のような物が敷き詰められています。間にあったバラストは撤去されています。

大井町側の上りホーム先端。状況は二子玉川側と同じくらいです。

下りホームも同様です。

続きを読む


西武池袋線・石神井公園駅改良工事(その45) [鉄道(西武)]

駅前のビル建設工事が大詰めを迎えました。

ホーム中程には緑色のテープで囲まれたところがあります。3月25日にデビューする「S-Train」向けの券売機を設置するのでしょう。

あまり気づかないでいましたが駅改札内コンコースに、デジタルサイネージが設置されました。

駅前ビルですが1階部分仮囲いが撤去され、その概要が見られるようになりました。

住宅層については概ね完成に近いです。

西口付近にはミスタードーナッツができるようです。

高架下にも店舗が出来るようです。

続きを読む


東武10030系リニューアル工事(2017.1.23) [鉄道(東武)]

昨日になるのですが、館林に足を運んできました。

11437Fが入場しました。既に今年度のリニューアル22両は施工済(or中)なので、この編成は来年度と言うことになるのでしょう。これで本線系統では10030系30代が全てリニューアル工事を受けたことになります。こちらはモハ13437。側面の行き先指示器は外されています。

その後ろにはクハ14437。ライトが外され、種別幕・行先幕も外されています。

見づらいアングルですが、奥には森林公園検修区所属の11637F・アンテナを撤去したクハ(サハ?)16637が置かれています。下2桁が"37"同士。

クハ14437も側面の行き先指示器が外されています。

続きを読む


タグ:東武10030系
前の10件 | -